「じゃあな 何か見つけたら、またこいよ」
「無事でいろよ、あんた。亡者になんてなるんじゃねえぜ」
最下層で亡者コックの食材にされかかっている呪術師。なかなかのナイスガイ。
名前 大沼の呪術師ラレンティウス
英名 Laurentius of the Great Swamp
体型 普通

イベント

  • 最下層の倉庫に囚われており、樽から頭だけ出している。
    • 助けると、火継ぎの祭祀場へ移動する。
    • 樽を壊す際、彼に攻撃が当たらないよう注意。ローリングでの破壊が安全。
  • 祭祀場で話しかけると呪術に対してどう思うか、興味あるか聞かれる。
    • 質問の答え次第で初歩の呪術を教えてくれ、呪術師以外の素性だと呪術の火がもらえる。
    • 呪術の火を+15まで強化することができるようになる。
    • 一度断っても(呪術は嫌か?に対しYES)、再度話しかければ、教えてほしいか聞いてくる。
      YESと答えれば(かなり喜んで)呪術の火をくれて、呪術を教えてくれるようになる。
    • 呪術師以外の素性だと「呪術の火ってのは、呪術師の体の一部なんだ。皆、これを大事に育て、自分の術を高めていく。だから、あんたに渡した火は俺の一部でもある。せいぜい大事にしてくれよな。」と語る。
      彼の人の良さが窺える台詞である。
  • 彼が販売していない呪術を所持した状態で話しかけると、その呪術について教えてほしいと頼まれる。
    • 教えた場合、しばらくしたら病み村に移動し、沼地で亡者となり襲いかかってくる。
    • 教えない限り、祭祀場に留まり続ける。
    • 毒の霧火炎噴流など、混沌系以外やクラーナと無関係な呪術ではこの選択肢は出ない。
  • 倒してしまうと1000ソウルドロップ。
  • ※祭祀場から居なくなると、買い逃した呪術は次の周回まで手に入らない。
    クラーナが販売しない「鉄の体」と「激しい発汗」は必ず購入しておくこと

購入

アイテム名 必要ソウル 備考
魔法
火の玉 8000 1個限り
発火 500 1個限り
鉄の体 2000 1個限り
激しい発汗 2000 1個限り
火球 800 1個限り



Join the page discussion Tired of anon posting? Register!

Load more
⇈ ⇈